2010年02月22日

インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る−感染研(時事通信)

 8日から14日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり2.81人で、3週連続で減少したことが19日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。佐賀を除く46都道府県で前週より減少し、すべての都道府県で流行の注意報レベルの目安となる「10」を下回った。
 1週間の受診患者は推計約15万人で、ほとんどが新型とみられる。昨夏以降の累計は約2043万人。 

【関連ニュース】
インフル脳症、285人届け出=例年の5〜8倍
インフル患者、さらに減少=週推計22万人
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破
インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型
インフル患者減少、7週連続=子供で増加傾向

エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
高校教諭が酒気帯び運転、工事の2人重軽傷(読売新聞)
posted by ノガミ クニオ at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。